無料会員登録で「特別クーポン」プレゼント中! 登録する

たんぱく質は食べているだけでは、吸収されていない。吸収アップの秘策はコレ!

当ページの商品リンクには広告が含まれています。

うえだ修正済

オーナーセラピストのNAHOKOです。

目次

「食べること」と「吸収すること」は
別問題

たんぱく質が不足している人が自覚している悩みのNo.1はコレです。

体がだるいんです。特に、
夕方のご飯の支度はしんどいし・・・

こういう方は、

  • たんぱく質不足
  • 低血糖

であることが多いです。

カウンセリングでは、
血液検査データを基に両方を確認する方法をお伝えしています。

ですが、
自分がたんぱく質不足と分かったところで、
頑張って食べていても数値が上がってこない事があります。

それは、食べることと、吸収されることは
別問題だからです!

効率的にたんぱく質を吸収する秘策をお伝えします。

知っておけば、
自分だけでなく子どもや家族にも使えます。

たんぱく質の消化をサポートする方法

まず、
たんぱく質の吸収を高めたいなら、胃酸が十分にあることがポイントになります。

たんぱく質は、胃酸で細かくされてから吸収されます。

ですが、
実は胃酸もたんぱく質から出来ていて、たんぱく質不足になっていると胃酸も不足します。

ですので、
酸味のある食材を一緒に食べるのがオススメ。

  • レモン
    →レモン水にして食事と一緒に頂く、サラダにレモンをかける、お肉お魚にかける、etc
  • 酢の物
    →副菜に酢の物を取り入れる
  • サラダ
    →サラダに酢/レモンをかける

たんぱく質の選び方

同じお肉であっても、
塊肉より、ひき肉や薄切りの方が消化の負担が少ないです。

ひき肉薄切り肉塊肉

で、負担が大きくなります。
ひき肉は消化負担が少ない良い選択です。

ですが、
切り口が多ければ多いほど、空気に触れて酸化もするので、
私は鶏の胸肉などをフードプロセッサーで調理時にひき肉にしています。

酸化の時間を減らすのも、酸化対策になります!

サプリメントを活用する方法

私自身は、
たんぱく質の吸収を高めるのにサプリメントを活用しています。

消化の負担がぐっと減るので、
体力が上がっていない人にとっては、選択肢の一つとして良いですね。

私は消化をサポートしたい時は食前~食中に飲んで食事します。

たんぱく質の不足は、太る、肌ボロボロ、慢性疲労、腸内環境悪化の原因

たんぱく質の吸収が整ってくれば、
細胞が上手く作られるようになって、皮膚も腸壁も元気になります。

腸内環境が整えば、
たんぱく質以外の栄養の吸収も良くなって、エネルギーが作れるようになって代謝アップ。

そうすれば、
疲れにくいし、痩せやすい体になります。

消化と吸収が整って元気に運動する女性のイメージ

まとめ

  • 食事には酸っぱいものを足す(レモン、酢)
  • 固まり肉より小さい肉
  • 消化酵素を活用する

外からも中からも、

からだを隅々までお手入れ。

今まで体験したことのないホリスティックなアプローチに、

ほっとするこころの贅沢と、

からだへのご褒美で、

芯から整っていく…

心を込めたおもてなしと、

セラピスト歴10年以上の確かな技術と豊富な知識で

あなたにお会い出来る日を楽しみにしております。

静岡市リンパマッサージ
身体調律サロン
Nerice ネリス
ボディ×分子栄養学×心理学のホリスティックアプローチ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次