子どもの血糖値1.5agは大人とは違う【血液検査項目】

「あっ」と驚く見た目変化

人生最後ダイエット法

生まれ持った才能と魅力を最大限活かしてイキイキと生きる

心と体が変わるダイエット!

セラピストのNAHOKOです。

お問合わせ/変化の方法を知りたい!「マル秘情報」はこちらにも発信中!

こちら、私の備忘録としての記事。

分子栄養学は細胞を分子レベルで見ていき、栄養素の過不足を見て整えていく栄養学です。

ですから、個体差に目を向けていくのですが、

大きなくくりで、子どもと大人というのでも違いがでます。

子どもって、大人よりも肝機能が未熟ですし、小さいので、大人みたいに糖(グリコーゲン)を肝臓に貯めれないです。

また、

糖新生といって、筋肉や脂肪をエネルギー源にするのも大人より劣ります。

ですから、

糖質を欲するというのは子どもの特徴ですし、

実際、子どもの時に活発な糖エネルギー経路もあります(ペントースリン酸経路)。

だから、良質な糖質を食べるのもとても大切。

ということで、子どもの血液検査データの糖の部分でどうなるのかな?って思っていたのですが、最近教えてもらったこと、それが・・・

子どもの1.5agは、

大人が14~を目安にするのに対して、

20以上でも普通

だそうです!
(分子栄養学的視点)

面白い~!

ちなみに、1.5agは数日間の血糖値の平均を見ていて、14以下なら食後高血糖を疑い、高い数値であれば高血糖を疑います。

ま、太りやすくなっているかどうかの指標にもなるってことですね、ダイエット面でざっくり言うと。

やはり年齢、性別、活動量、すべての個体差はちゃんと考慮して考えていくというのが大切。

だから、一般的な平均値を見て、「こうだ」とか、「私はダメだー」とか、「健康だ―」というのもちょっと待ってね、ってところなのですね!(^^)!

大切なのは、

あなたにとってのベスト数値

であって、平均値などはあくまで「指標に」すると良いですね。

Nerice ネリス

~「あっ」と驚く見た目変化

★エステ×分子栄養学×心理PNT

★心と体が変わる人生最後のダイエット

ー静岡市にサロン、オンラインで世界中の方をサポート中ー

◆住所  静岡市駿河区池田869-3F
(東静岡駅より車で5分)
◆ご予約・お問合せ 090-6369-1496
簡単ご予約/問い合わせフォームはこちら(24時間OK!)
◆不定休
駐車場完備
変化の方法が知りたい!「マル秘情報」はこちらにも発信中!