生理で出血過多の原因、理由、栄養ケア方法について【保存版:女性ホルモンバランス】

「あっ」と驚く見た目変化

人生最後ダイエット法

生まれ持った才能と魅力を最大限活かしてイキイキと生きる

心と体が変わるダイエット!

セラピストのNAHOKOです。

お問合わせ/変化の方法を知りたい!「マル秘情報」はこちらにも発信中!

生理の時に出血量が多いかどうか、

実際には他の人と比べることが出来ないので、

自分が多いのか分からないと思います。

【生理の出血量が多いかどうかの目安】

出血量の目安は、

「昼間に夜用ナプキンをつけないとダメ」

「多い日用のナプキンが3時間くらいでパンパンになる」

のであれば、多いと判断する目安になります。

【出血過多の原因・理由とは?】

生理の出血が何なのかをまずはお話しします。

生理とは、

赤ちゃんが来る時のために育てた子宮内膜(赤ちゃんのベッド)を、

使わなかったから(妊娠しなかったから)排泄させていることによって起きています。

赤ちゃんのベッドを排泄することによる出血。

だから、もし、

妊娠して赤ちゃんがベッドに使ったら排泄しないので出血はないということですね。

その赤ちゃんのベッドの排泄量(出血量)が多いというのは、

赤ちゃんのベッドである子宮内膜が厚く育っているのではないかと想像します。

【子宮内膜の厚みに関わるホルモンとは?】

子宮内膜の厚みに関わっているのは、女性ホルモンのエストロゲンです。

エストロゲンとは、排卵までに増えるホルモンで、子宮内膜を育てています。

そもそも、

女性の生理周期には大きく2つの周期があります。

1つは子宮内膜(赤ちゃんのベッド)を育てる時期。

2つ目は卵を出して(排卵)、赤ちゃんを育てていく時期。

です。

ベッドを育てるのがエストロゲンと書きましたが、

排卵後は、プロゲステロンというホルモンが、その内膜(ベッド)を「維持」してくれます。

つまり、エストロゲンが多いと、子宮内膜が厚くなりすぎて、出血過多になると言えますね。

【エストロゲン過剰の栄養学的原因とは?】

エストロゲンが過剰になる原因には、

・環境エストロゲン

・エストロゲンを体外に排出させる代謝酵素comtの不足

・ホルモンバランスを整えるビタミンDの不足

・細胞増殖に必要なビタミンA、D、Eの不足

・脂質バランスの乱れ

などが考えられます。

【それぞれの原因に対するアプローチ方法】

1)環境エストロゲンとは、プラスチックやビニールに入っていて、体内で強力なホルモン様作用を発揮し、体外に排出するのが難しいという特徴があります。

エストロゲン過剰であれば、まずはラップ、プラスチックのタッパー、食器、を控えることも一つの対処法になります。

2)エストロゲンを体外に排出させる代謝酵素comtは、ビタミンB6、マグネシウムで働くことが出来るので、それらの過不足を考えます。

3)ホルモンバランスを整えるビタミンD、細胞増殖に必要なビタミンA、D、Eに関しては、それぞれの食材を意識してみる。(※吸収に必要な胃腸や胆汁分泌も考えるとさらに良し)

D:魚、しいたけ

A:人参、レバー

E:ごま

などですね。

5)脂質バランスの乱れに関しては、ホルモンは脂を原材料に使っています。

体内には理想の脂バランスがあるので、そのバランスに近づけてあげることが大切。

特に青魚やえごまなどに含まれているオメガ3が不足していることが現代人は多いので、食べることを心がけると良いですね。

手軽なのは鯖缶!イワシ缶!シラス!ですね。

※生理痛の観点でも、オメガ3を増やすことで痛み物質プロスタグランジンが減りますよ^^

6)また、エストロゲン過剰になる別の視点として、拮抗ホルモンとも言えるプロゲステロンが相対的に不足していることが挙げられます。

プロゲステロンは卵子が卵巣から出てきてこそ分泌されます。(排卵)

つまり、排卵するにはエネルギーが必要で、そのためには血糖コントロールが必須になります。

血糖コントロールは食べ方などもありますが、

ビタミンD、クロム、αリポ酸は血糖コントロールに深く関与しています。

【ホルモンバランスが乱れる原因になる心理状態とは】

ストレスがあると、

同じホルモンであるストレスホルモンのコルチゾールが優先的に作られます。

すると、

原材料であるコレステロールがコルチゾール優先になり、

女性ホルモンに材料が回せなくなります。

結果、女性ホルモンが不足します。

また、血糖コントロールの観点で言うと、

心理的なストレスがあるとそのストレスにエネルギーが使われ続けるので、エネルギーの浪費が起きてしまい、必要な身体の活動にエネルギーを回せず、エネルギー不足になりがちです。

血液検査で言うと、

・中性脂肪が低値

・甲状腺機能を表すTSH、FT3、FT4

などに表れています。

エネルギー不足は、排卵、細胞分裂、ホルモン生成がスムーズにいかなくなります。

いかがでしょうか?

色々な角度から、ご自身の身体を見ていきましょうね!

Nerice ネリス

~「あっ」と驚く見た目変化

★エステ×分子栄養学×心理PNT

★心と体が変わる人生最後のダイエット

ー静岡市にサロン、オンラインで世界中の方をサポート中ー

◆住所  静岡市駿河区池田869-3F
(東静岡駅より車で5分)
◆ご予約・お問合せ 090-6369-1496
簡単ご予約/問い合わせフォームはこちら(24時間OK!)
◆不定休
駐車場完備
変化の方法が知りたい!「マル秘情報」はこちらにも発信中!