夜運転で白線が見えづらくなった、夜の運転が苦手になった人

カラダの情報をバシッと読み取って、理想の自分を創り上げる、

静岡市エステサロンNericeのNAHOKOです。

お問い合わせ

夜の運転で「何となく見えづらくなったかも」というのはビタミンA不足の可能性があります。

【ビタミンAは目に光を届ける作用がある】

ビタミンAが欠乏することで、夜盲症と言って暗くなると目が見えないという病気になりますが、病的ではなくても、ビタミンAが不足することで「夜見えづらい」といった「ちょっとの違和感」が始まります。

最近、

「歳とったからかな。夜見えづらいんだよね。」

と、私の父親と主人が言った一言からこの記事を書こうと思いました。

【ビタミンAの働き】

ビタミンAには、視覚の他に、免疫や粘膜強化などに関係していますが、今日は視覚にフォーカスして話します。

ビタミンAは、暗闇でわずかな光を感じることが出来る目の網膜にある桿体細胞(かんたいさいぼう)には、タンパク質のロドプシンとビタミンAのレチナールがくっついたものが沢山存在しています。

このロドプシンとレチナールのくっついたもの、が、暗闇の中のわずかな光を電位として受容し光を感じられるようにしています。(だから見える)

つまり、ビタミンA不足(タンパク不足でも)、だと暗闇で見えにくいという状態になります。

【ビタミンA含有食材】

ビタミンAは、鳥・豚レバー、うなぎ、にんじん、パセリ、バジル、卵、海苔、うなぎ・あなご などに含まれています。

成人の理想量は、2300~3000IU/日。
(妊婦は初期2000IU、後期は2500IU)
(授乳中は3000IUまで)

鳥レバー100gで46620IU含まれますので、約15日分。
月に2回100gずつ鶏レバー食べればOKとなります。

他には、卵1個500IU、人参100g2400IUで、約1日分。
毎日卵1個と緑黄力野菜100g取っていればそこまで心配ないとイメージすればOKですね。

【食べていても不足?】

食べていても不足する時というのは、

・タンパク質が不足していないか?
(食べる量もそうですが、胃酸不足でタンパク質は未消化になりやすいです)

・胆汁分泌が出来ているか?
(ビタミンAを始めとした脂溶性ビタミンは胆汁によって吸収されます)

胃酸、胆汁、ともにキーワードは「リラックス」です。

美味しく安心した環境で食事をすることを心がけてください。

食事にお酢を足すと胃酸補助、胆汁分泌しやすいです。

また、苦い食べ物、ゴーヤなどは胆汁分泌しやすいです。

便通を改善することも胆汁分泌を改善するので、マイタケなどのβグルカンを摂取していくと良いですね。

「歳かな~」で片づけられることが、実は対処可能なことって結構多いです。

Nerice ネリス

「カラダの見た目、感覚の変化を実感したい」

続けられる的確なアドバイスが受けられる
本物志向の方のためのホリスティックエステサロン

◆住所  静岡市駿河区池田869-3F
(東静岡駅より車で5分)
◆ご予約・お問合せ 090-6369-1496
簡単ご予約/問い合わせフォームはこちら(24時間OK!)
◆OPEN 9時~17時
駐車場完備
「もっと自分が好きになる、なりたい自分を創る」ためのメルマガ
無料ラジオ(ながら聴きOK)配信
Youtube配信
フェイスブック
インスタグラム