干し芋の作り方、補食にオススメの干し芋を手作り

カラダの情報をバシッと読み取って、理想の自分を創り上げる、

静岡市エステサロンNericeのNAHOKOです。

お問い合わせ

毎年作る干し芋。

今年も作りました。

自分で言うのもなんですが、我が家の干し芋好評なんですよ~

なんせ、3年前に亡くなった主人のおばあちゃん直伝です!(といってもコツってほどのものもないですけど^^;)

<作り方>

お家で掘ったさつま芋を洗って、

蒸す。(だいたい1時間蒸してそのまま冷めるまで放置)

皮をむいて、

好きな厚さに切って、

干す。

干す日数はお好みです。

ねっちょり甘いのがお好みなら朝から晩まで干して終了。

少し固めで炙って食べたいなら2~3日、人によっては1週間くらい干します。

私はだいたい1日干して終了。

柔らかいので1歳児も安心して食べてくれます。

毎年、子どもたちからリクエストされる干し芋。

ただのふかし芋や焼き芋よりも甘さが凝縮されているので、手をかけた分だけ味が良いんですよね。

是非、おためしくださいね。

Nerice ネリス

「カラダの見た目、感覚の変化を実感したい」

続けられる的確なアドバイスが受けられる
本物志向の方のためのホリスティックエステサロン

◆住所  静岡市駿河区池田869-3F
(東静岡駅より車で5分)
◆ご予約・お問合せ 090-6369-1496
簡単ご予約/問い合わせフォームはこちら(24時間OK!)
◆OPEN 9時~17時
駐車場完備
「もっと自分が好きになる、なりたい自分を創る」ためのメルマガ
無料ラジオ(ながら聴きOK)配信
Youtube配信
フェイスブック
インスタグラム