トラウマを対処、上手に処理する方法『トラウマと記憶』ピーターAラヴィーン著

カラダの情報をバシッと読み取って、理想の自分を創り上げる、

静岡市エステサロンNericeのNAHOKOです。

お問い合わせ

先日読んだこちらの本『トラウマと記憶』ピーターAラヴィーン著。

テクニカルで実践的なカウンセリング手法を、実際のカウンセリングで実況中継のように書いてあり、即実践に落とし込めるような内容の本でした。

英語を翻訳してますので若干翻訳特有の分かりづらい感もありましたが、とても良い本です。

 

私たちは、大なり小なりのトラウマを持っています。

不安や恐怖、罪悪感といった感情を経験した時に、その時にしていた身体行動や環境というのは、

「その身体行動or環境」イコール「不安・恐怖・罪悪感」と結びつけてしまうのです。

それがトラウマです。

思い出すだけで不安にかられて過呼吸とか、同じ場所に行ったら足が震える・・とかですね。

過呼吸とか分かりやすい症状として出れば一目瞭然ですが、分かりづらい反応としてトラウマを持っている人もいます。(私がネーミングするなら隠れトラウマ)

隠れトラウマは、一見普通に見えますが、その人の心の中では凍り付いていたり、頭が真っ白になっていたり、頭も別に思考も止まっていないけど、常に不安を感じていたりします。

(こういう小さなトラウマは、パートナーシップ構築や家族構築で影響がでます)

それをどのように改善していくか、ですが。

有名なものの1つの手法として、アレルギーの緩和治療みたいに何度もリアルにイメージさせて繰り返し体験させることで慣れさせて反応を弱めるという方法があります。

ですが、この方法は「トラウマ」を何度も経験させることで場合によって、より強く「不安・恐怖・罪悪感」に結びつけてしまうのです。

トラウマが強化されるわけです。

こういった「上手くいくはずだと思っていた心理アプローチが上手くいかなかった」ことから生まれたのがこの本の手法。

平たく言うと「トラウマとなってしまった出来事を完了させる」ことに意義があるという主張でした。

この意見には同じくカウンセラーをしている私も納得します。

出来事に「特定の感情(ここでは恐怖や不安など)」を結びつけていますが、「今はそれを感じる必要がない」というのが分かれば良いわけです。

そんな手法が鮮やかに描かれている本でした。

私が学んだ手法も沢山入っていて、非常に共感がもてます。

こちらもカウンセラーにオススメしたい本だな~と思いましたので紹介いたします。

もちろん家族や子どものトラウマをケアするのにもとても役立ちます。

Nerice ネリス

「カラダの見た目、感覚の変化を実感したい」

続けられる的確なアドバイスが受けられる
本物志向の方のためのホリスティックエステサロン

◆住所  静岡市駿河区池田869-3F
(東静岡駅より車で5分)
◆ご予約・お問合せ 090-6369-1496
簡単ご予約/問い合わせフォームはこちら(24時間OK!)
◆OPEN 9時~17時
駐車場完備
「もっと自分が好きになる、なりたい自分を創る」ためのメルマガ
無料ラジオ(ながら聴きOK)配信
Youtube配信
フェイスブック
インスタグラム