いつも不利なことばかりが回ってくる人のカラダの特徴

カラダの情報をバシッと読み取って、理想の自分を創り上げる、

静岡市エステサロンNericeのNAHOKOです。

お問い合わせ

いつも損なこととか、

不利なこととか、

やりたくない仕事を押し付けられたり、

列に並んでいたら横割りされたり、、、

そんな風になぜか他人にコントロール、マウントされていませんか?

見た目は強めなはずなのに、でも、立ち位置はいつも弱い。

そんな人は、カラダのこりが原因かもしれません。

【なぜ見た目とマウントが関係するのか?】

人は無意識で、見た目からマウントしたい相手を判断しています。

動物をイメージすると分かりやすいのですが、

群れで生活するサルや犬を思い出してみてください。

そのグループで仲間外れにされている子というのは共通点があります。

・背中が丸まっている

・首は前にうなだれている

要するにいわゆる「おどおど」した姿勢です。

それって、猫が犬に威嚇されている時のような姿勢を常にしているという状態。

姿勢から「私は弱いです、怖いです」と自己表現している人というのは、相手からしたら格好の餌食となります。

ここまでの表現はしていなくても、これを緩めた感じの姿勢をしていることを、人は無意識にキャッチして「誰にマウント取れば良いのかを決めて」いるのですね。

【おどおど姿勢から出るカラダの症状とは?】

また、姿勢が前のめり、背中が丸まることで、呼吸も浅くなります。

呼吸が浅くなると、交感神経が発動します。

自律神経が乱れることで、胃腸の動きも悪くなりますから、びくびくしている人ってお腹が弱い人が多いです。

さらに深堀すると、呼吸が浅いから酸素の運搬能力も低下するので、脳が軽い酸欠状態。

すると、相手にバ~っと色々言われると、頭が真っ白になって、すぐに「はい、分かりました」と言ってしまう可能性も高いです。

そう、脅しが成功しやすいです^^;

【Nericeのカウンセリングで見抜くこととケアすること】

Nericeでは、そういったお客様の姿勢と、

カウンセリングセッションでの主訴を繋げます。

お体がおどおど姿勢で、自分を守るモードに入っているときに、ココロを開くことはできません。

その場合はボディケアをして姿勢から整えていきます。

施術後に「なぜか話したくなった」とか「いつもはこんなこと言わないんだけど・・・」というのは、カラダからココロを緩めているというのが大きな要因と言えますね。

ココロとカラダを最短で開いて繋げていくカウンセリングセッションはオンラインでも受け付けております。

Nerice ネリス

「カラダの見た目、感覚の変化を実感したい」

続けられる的確なアドバイスが受けられる
本物志向の方のためのホリスティックエステサロン

◆住所  静岡市駿河区池田869-3F
(東静岡駅より車で5分)
◆ご予約・お問合せ 090-6369-1496
簡単ご予約/問い合わせフォームはこちら(24時間OK!)
◆OPEN 9時~17時
駐車場完備
「もっと自分が好きになる、なりたい自分を創る」ためのメルマガ
無料ラジオ(ながら聴きOK)配信
Youtube配信
フェイスブック
インスタグラム