ダイエットが成功する人のダイエットの目標の立て方とは?

カラダの情報をバシッと読み取って、理想の自分を創り上げる、

静岡市エステサロンNericeのNAHOKOです。

お問い合わせ

昨日の記事(https://nerice-body.com/archives/7293)から少し深堀していきたいと思います。

ダイエットとココロの関係についてです。

 

昨日の記事のように「自己肯定感が低い」とダイエットの目的は、

「○○kg痩せないと私はダメだ。」「こんな自分はダメだ」という前提で動いています。

 

で、そういうお客様に質問するんです。

「じゃ、〇〇kg痩せたら、●●さんは最高?」って。

そしたら「いえ・・・」って言葉を詰まらせます。

それに、そういう人に「好きなところ言ってみて」って質問すると1個とか2個とかしか言えない。

 

こういう人は、○○kg痩せたら自己肯定感が上がると思っています。

でも、だいたいが、仮に○○kg痩せたとしても、痩せたあとに、

あと3kgとか、

今度はこのホクロがダメだ、とか、

この足の形がダメだ、とか、

この二の腕が、とか。

他のダメ出しを始めて、グルグルグルグル回り始めて一向に自己肯定感は上がらない。汗

 

だって、

「今の自分を好きか、嫌いか、ダメか、良いか、は今すぐにでも決められること」なのに、

外的な要素でそれを決めようとしているなら、

いくらでも外的な改善ポイントは見つけられるので、

いたちごっこのように、終わりはないから。

 

○○したら自分のことが好きになれそう、って言っているのは、「本当?」ってなりますよね。

あなたが自己嫌悪しているのは、本当に太いだけだからですか?

他にありませんか?って。

 

こういう「○○kg痩せないと私はダメだ。」という方は、ダイエットを失敗することも多いです。

なぜなら、「ダメ」というレンズで自分を見ているので、ダイエットしていても「これも出来なかった」「あれも出来なかった」って「出来なかったことにばかりフォーカス」するからです。

まさにダイエットは苦痛といばらの道。

 

逆に、「○○したいからダイエットして5kg痩せる!」って言っている人は、

自己嫌悪からスタートしていないので、「△△ができた!」とか「お、便通に反応があったぞ」とか「ある」や「変化」に目がいくようになります。

さらには、○○したい、という目標があるので、その目標に向けて逆算してスケジュールを立てられます。

具体的なお客様の例で言うと、〇月〇日のライブにぴちぴちTシャツ着ていく!という目標でした。

〇月までに○○kg痩せるなら・・・と逆算ができます。

もちろん精神的にも前向きなのでストレスが少ない。

ストレスは代謝低下させるホルモンが出るので、その心配もないわけです。

 

あなたのダイエットには、

具体的な目標と、

ワクワクはありますか?

 

ココロの動きとダイエット、セットで考えると良いですよ。

Nerice ネリス

「カラダの見た目、感覚の変化を実感したい」

続けられる的確なアドバイスが受けられる
本物志向の方のためのホリスティックエステサロン

◆住所  静岡市駿河区池田869-3F
(東静岡駅より車で5分)
◆ご予約・お問合せ 090-6369-1496
簡単ご予約/問い合わせフォームはこちら(24時間OK!)
◆OPEN 9時~17時
駐車場完備
「もっと自分が好きになる、なりたい自分を創る」ためのメルマガ
無料ラジオ(ながら聴きOK)配信
Youtube配信
フェイスブック
インスタグラム