ストレスでお腹周りが太る本当の理由とは?

『本当に変わりたい』

『的確なアドバイスが欲しい』

カラダを中と外からグッとアプローチ、静岡市エステサロンNericeのNAHOKOです。

お問い合わせ

以前も書いた内容ではありますが、本当に「お腹ぽっこり」に悩む方が多いので、改めてリマインドしたいと思います。

お腹だけぽっこりしてしまうのには大きく2つ理由があります。

【お腹ポッコリの理由1つ目】

1つ目は、

→姿勢が悪くて腹筋が使えていない

→腰が悪くて反ってしまっているがゆえに腹筋が前に出てしまっている

といった「筋肉的な要素」です。

この場合、筋肉を緩めることを、施術などの外的アプローチと、筋肉が固くなってしまっている内的理由を探ってアプローチしていくと良いです。

<内的アプローチ例>

・筋肉が固くなるのは体内の酸化、乳酸の蓄積による乳酸タンパクの生成に関係しています。

・筋肉が固くなってしまうのは自律神経の乱れが関係しています。乱れてしまうのは、低血糖などを起こしているからなのか?それとも、心理状態が関係しているのか?

【お腹ポッコリの理由2つ目】

2つ目の原因としては、ストレスによるコルチゾール分泌が関係しています。

以前の記事にも書いたのですが、

コルチゾールはストレスに対して反応し分泌されます。
そして、血糖、血圧、免疫、抗炎、抗アレルギー、に関わるホルモンでしたよね。

つまり、副腎疲労初期でバンバンコルチゾールが分泌されている時というのはコルチゾールの血糖上昇作用が働き異常に血糖をあげてしまうのです。

血糖が上がればインスリンが過分泌。

インスリンは脂肪細胞に糖を蓄えてくれます。
また、インスリン以外にも、エネルギー貯蔵を促すリポタンパクリパーゼが活性化するので、体は「貯蔵へと傾きどんどん太りやすくなります」!

ちなみにお薬のステロイドの副作用に、「腹部の脂肪」とありますが、天然ステロイドでもあるコルチゾールはお薬と同じ作用があるということですね。

こちらの記事にストレスでお腹が太ることについて書いてあります。(https://nerice-body.com/archives/6347)

副腎疲労について まとめ

 

【どうしてもポッコリがとれないなら】

・姿勢や筋肉の状態

・ストレス度合い

からアプローチしていきましょう。

ちなみに、産後の場合はお腹が大きかった時に腹筋が離開してしまい、そのまま上手く使えずにポッコリしている場合も多いです。

そこに産後ストレスのダブルパンチですね。

1つずつ原因をつぶしていくことをオススメします。

Nerice ネリス

「カラダの見た目、感覚の変化を実感したい」

続けられる的確なアドバイスが受けられる
本物志向の方のためのホリスティックエステサロン

◆住所  静岡市駿河区池田869-3F
(東静岡駅より車で5分)
◆ご予約・お問合せ 090-6369-1496
簡単ご予約/問い合わせフォームはこちら(24時間OK!)
◆OPEN 9時~17時
駐車場完備
「もっと自分が好きになる、なりたい自分を創る」ためのメルマガ
無料ラジオ(ながら聴きOK)配信
Youtube配信
フェイスブック
インスタグラム