シミが濃くなるのは、○○が乱れている人

『本当に変わりたい』

『的確なアドバイスが欲しい』

静岡市でカラダを外面・内面のホリスティックアプローチする「本物志向の方のための」エステサロンNericeのNAHOKOです。

お問い合わせ

2日前の記事でシミが出来る原因とスキンケアについて書きました。(https://nerice-body.com/archives/6986

その続編として、女性が特に注意したい「シミが濃くなってしまう」ポイントを今日はお伝えしますね。

【女性ホルモンの変化にシミが反応する!?】

シミを作っているのはメラノサイトという皮膚の場所ですが、このメラノサイトは女性ホルモンの変化に敏感に反応します。

つまり、女性ホルモンのバランスが乱れている人というのは、シミが濃くなりやすいということですね。

最近の生理はいかがですか?

それと同時に肌の状態はいかがでしょうか?

【妊娠時、産後のシミ問題】

妊娠するとお腹に黒い線が出て来たり、ちくびが黒くなってきたりしますよね。

あれは、まさに女性ホルモンの影響を受けています。

また、産後に肝斑といって頬あたりに大きなシミができたり、

シミが増える方が多いですが、それも女性ホルモンのバランスが乱れている結果と言えます。

妊娠時のお腹の黒い線やちくびの黒ずみに関しては産後にもとに戻ります。

ただし、それはしっかりとお食事で必要な栄養素をとっていた場合とも言えます。

授乳で栄養を赤ちゃんに渡すことになりますから、もともと栄養不足の人が赤ちゃんに栄養を渡しているとなると、、なかなか戻らなくなりますし、産後のシミは増えていきます。

栄養不足が慢性化してしまえば、皮膚の代謝は低下し、メラノサイトは必要以上にメラニンを作ります。

必要がなくなった後も出し続けてしまうこともあります。

【ホルモンバランスを整える】

ホルモンバランスを整える方法は色々あります。

以前記事にまとめてありますので、貼り付けますね。

1)善玉エストロゲンを増やす方法について。(https://nerice-body.com/archives/6617)
女性ホルモンのエストロゲンには3種類あり、悪玉と善玉があります。
悪玉を抑える食べ物がグレープフルーツ。
善玉を増やしていくのに必要なのが、亜麻仁油と発酵大豆。
善玉を減らすのが過剰な糖やオメガ6系の油。

善玉エストロゲンを増やせ!女性ホルモンエストロゲンには3種類ある?

2)プラスティック多様していると女性ホルモンバランスが崩れる?(https://nerice-body.com/archives/6615)
プラスティックの内分泌かく乱作用について書いていますよ。

プラスティック多様していると女性ホルモンバランスが崩れる?

3)女性ホルモンが減るコルチゾールスティールについて(https://nerice-body.com/archives/6613)

女性ホルモンが減るコルチゾールスティールとは何か

【女性が気にしておきたいライフステージ】

女性は男性よりもホルモンの影響が非常に大きいです。

★月経がはじまる頃

★妊娠、出産、産後

★閉経

この辺りというのは、ホルモンバランスが激変しますので特に食べる内容、バランス、量に目を配りましょう。

中でも、妊娠出産産後は忙しさがピークになりますから食は適当になりがちです。

決して「作ってください」というのではなく、体を休めることを第一に考えながら上手に冷凍食品、お惣菜を買ってきて工夫してくださいね。

その時に、いわゆる添加物だらけ栄養素が少ない冷凍食品とかジャンクフード、菓子パンだけ・・・みたいなものに走らないようにだけ注意をしておきましょうね。

その時は楽でも、後々体が大変になります。(シミも)

明日はお客様に「ココロが軽くなりました・・・」と言っていただけた私が利用している「楽ちんごはん」を紹介しますね~!

また話しましょうね!
Bye for now!

Nerice ネリス

「カラダの見た目、感覚の変化を実感したい」

続けられる的確なアドバイスが受けられる
本物志向の方のためのホリスティックエステサロン

◆住所  静岡市駿河区池田869-3F
(東静岡駅より車で5分)
◆ご予約・お問合せ 090-6369-1496
簡単ご予約/問い合わせフォームはこちら(24時間OK!)
◆OPEN 9時~17時
駐車場完備
「もっと自分が好きになる、なりたい自分を創る」ためのメルマガ
無料ラジオ(ながら聴きOK)配信
Youtube配信
フェイスブック
インスタグラム