副腎疲労が治らないと太るのも疲れやすいのもノンストップ!

『本当に変わりたい』

『的確なアドバイスが欲しい』

静岡市でカラダを外面・内面のホリスティックアプローチする「本物志向の方のための」エステサロンNericeのNAHOKOです。

お問い合わせ

ダイエットとか、

慢性疲労とか、

「休めばOK」

「食べなきゃ痩せる」

そう思っていませんか?

でも、休んでも休んでも体調が整わない人、食べてないのに太ってしまう人。
嘘みたいですが、本当にあるんです。

私もその一人で食べなくても太りました。

それは、甲状腺機能が低下していることによって引き起こります。

甲状腺とはエネルギーを作るホルモンを産生している臓器。

このホルモンの働き具合によって疲労や体重コントロールが影響されるわけですが、この甲状腺が低下する原因の1つが「副腎疲労」なのです。

つまり、副腎疲労を抱えている人は、痩せていかないし、疲れも取れないわけです。

今日はそのメカニズムをお伝えします。

そして、これを知った方で「副腎疲労疑惑」がある方は、副腎疲労をケアすることを始めて頂ければ一番最短でなりたい自分になっていくと思います。

※上のもある副腎疲労のリンクにチェック、改善方法を書いていますよ♪

副腎疲労が甲状腺機能に与える影響

1)副腎から分泌されるコルチゾールというホルモンが、甲状腺ホルモンのFT4からFT3への変換を抑制

→FT3は活性が高いホルモン。これが作られないイコールあまり使えないホルモンしかないということ。代謝は下がります。

2)コルチゾール自体&副腎にコルチゾールを分泌して~と指令を出している下垂体が出すCRHホルモンが、甲状腺ホルモンの分泌を抑制

→具体的には、視床下部から甲状腺へ分泌指令を出しているTRHというホルモンの分泌を抑制します。

まとめ

甲状腺ホルモンがうまく作られず、エネルギー産生が低下している人にとっては、

対処療法のようにエネルギー産生に必要な栄養素を摂っても、その場限りの対処法になりやすいです。

栄養素が届いたことによって一瞬はエネルギーが作れても、副腎疲労自体が治っていなければ根治とならないですよね。

そう。

本当に整えたいなら、まずは副腎疲労の有無を確認して、そこからアプローチすることが大切です。

副腎疲労へのアプローチ法

上記のリンクにもありますが、副腎疲労のアプローチとして、

・低血糖はない?

・ストレスはない?

・睡眠とれてる?

・運動してる?

このあたりをしっかりとケアしてあげてくださいね。また、副腎はビタミンC需要がとても高い臓器ですのでビタミンCを意識するのも大切ですね。

また話しましょうね!
Bye for now!

Nerice ネリス

「カラダの見た目、感覚の変化を実感したい」

続けられる的確なアドバイスが受けられる
本物志向の方のためのホリスティックエステサロン

◆住所  静岡市駿河区池田869-3F
(東静岡駅より車で5分)
◆ご予約・お問合せ 090-6369-1496
簡単ご予約/問い合わせフォームはこちら(24時間OK!)
◆OPEN 9時~17時
駐車場完備
「もっと自分が好きになる、なりたい自分を創る」ためのメルマガ
無料ラジオ(ながら聴きOK)配信
Youtube配信
フェイスブック
インスタグラム