乳酸菌とビフィズス菌の違いとは?結局何がどこに良いの?

『本当に変わりたい』

『的確なアドバイスが欲しい』

静岡市でカラダを外面・内面のホリスティックアプローチする「本物志向の方のための」エステサロンNericeのNAHOKOです。

お問い合わせ

腸活をしていると必ず考える善玉菌。

乳酸菌、ビフィズス菌、言葉は知っていても、正確にそれらが何かって知らない人が多いと思います。

今日は、そんな菌について整理整頓していきましょう。

正しく菌を知ることが、あなたの腸内環境整えに繋がります。

腸がこけたら健康もダイエットも美容も厳しいです。

お腹にいる菌は3つ

お腹(腸)には、

善玉菌

日和見菌

悪玉菌

の3つがいます。

比率は、善玉2:日和見7:悪玉1。

つまり善玉菌が2以下、悪玉菌の比率が1以上になってくると、日和見菌といってその時の状況でのらりくらり付く方を選んでいる子たちが悪玉菌に加担してしまいます。

いかに善玉菌を増やすか、が大切ということです。

善玉菌の種類

善玉菌には、乳酸菌、ビフィズス菌、などを始めとして、

お酢などに含まれている酢酸、

酪酸菌(腸内の酪酸菌が作ってくれます)、

納豆に含まれている納豆菌、

などがあります。

中でも、やっぱり気になるのは乳酸菌とビフィズス菌ですよね。

ビフィズス菌とは?

ビフィズス菌とは、乳酸菌の仲間ですが、乳酸菌とは異なる性質を持つため区別してビフィズス菌と呼ばれています。

酸を分泌し、悪玉菌を倒し、腸内を健康に保つ働きがあります。

また、様々なビタミンも合成しています。
(ビタミンK、B1、B2、B3(ナイアシン)、B6、B7(ビオチン)、B9(葉酸)、B12)

ゆえに腸内環境が悪いとビタミンB群ができない!と言われているのです^^

ビフィズス菌は主に大腸に住んでいます。

乳酸菌という言葉から乳酸菌もビフィズス菌も多いと思いがちですが、乳酸菌とビフィズス菌を100%としたとき、ビフィズス菌は99.9%を占めています!

空気が嫌いな嫌気性の菌ですので、胃などに近い小腸にはほぼいなくて、奥の大腸に住んでいます。

乳酸菌とは?

0.1%の乳酸菌は、空気があっても生きれる菌なので酢酸などと一緒に主に小腸にいます。
(とくに小腸の下の方の回腸あたり)

そう聞くと、いかにビフィズス菌を増やすかがキー!と思いますが、小腸は菌自体が少ないので、小腸においての乳酸菌のウェイトはかなり大きいです。

栄養を吸収している小腸をケアしていくためにも乳酸菌は必ず考えていただきたいですね。

乳酸菌には、乳酸桿菌と乳酸球菌があります。

乳酸桿菌は例えば、ラクトバチルス、カーノバクテリウムなど。

一時流行ったロイテリ菌もラクトバチルスに属しています。

乳酸球菌は例えば、エンテロコッカス、ラクトコッカス、ヴァゴッカスなど。

(https://www.bb536.jp/basic/basic03.htmlより引用)

それぞれの増やし方

ビフィズス菌整腸剤、プロバイオティクスサプリメント、オリゴ糖、ヨーグルト、麴発酵食
(ここでは乳製品の問題はあえて考慮していません。)

乳酸菌発酵食品(味噌、糠漬け、キムチなど)、整腸剤、プロバイオティクスサプリメント、水溶性食物繊維

※共通のところを赤字にしてみました。

とくにビフィズス菌は酸を出して、腸内のペーハー(ph)を弱酸性に保ってくれています。
例えばウンチが臭いならビフィズス菌を少し考えていくと良いですね。

また、乳酸菌の名前を見て分かると思うのですが、一言に乳酸菌といっても乳酸菌にはかなりの種類があるんですね。

なので、あなたにどの乳酸菌が合うかというのは試してみないと分からないということです。

もしくは便検査などをすれば分かりますが、そこまでかけたくない人は色々なサプリメントを試すのが一番と思います。
私は7~8種類試して見つけました。自分に合う乳酸菌のサプリメントを。

そして、もしサプリメントを摂取するならローテーション摂取をオススメします。

1つだけをずっと飲むよりも、いくつか合うものを2~3つみつけておいて1週間、1か月、毎日でも良いのですがローテーション摂取することで菌を満遍なく腸内に住まわせることができます。
(3歳をすぎると菌は定着はしません。乳酸菌にかんしては私は生涯飲み続けるくらいの気持ちでも良いと思います。もちろんお食事を活かすのも良いです。)

人によっては、○○さんのぬか漬け食べると絶対快腸!とかあります。
それこそ、その「乳酸菌」がお腹に合っているということです。
可能ならそのぬか床をおすそ分けしてもらうのが良いですね。

余談

・ヒトだけがビフィズス菌優勢で、多くの動物は乳酸桿菌(ラクトバチルス)が優勢なんですよ♪

・家族内は湯船で菌の受け渡しが行われると言われています。家族の腸内環境が似てくる1つの要因になっているということですね♪

●オリゴ糖はフラクトオリゴ糖が効果的と言われています。

●ビオフェルミンは人由来の乳酸菌なので定着性が良いと言われています。
また優れた整腸効果。

●ビオスリーは乳酸菌の他に、酪酸菌と糖化菌が入っています。
酪酸菌は短鎖脂肪酸の1つで腸のエネルギー源です。腸が元気になります。
一緒に食物戦機を摂ることが大切。
糖化菌は乳酸菌がビフィズス菌を増やす菌です。

●酪酸菌単体ならミヤリサン。
腸が元気になります。上にも書いたように食物繊維と一緒に摂取。

これらが合うなら全部をローテーション摂取しても良いと思います。

私はもちろん上記も全部試し、海外から輸入したりもしています。自分に合うかどうかが大切です。

また話しましょうね!
Bye for now!

Nerice ネリス

「カラダの見た目、感覚の変化を実感したい」

続けられる的確なアドバイスが受けられる
本物志向の方のためのホリスティックエステサロン

◆住所  静岡市駿河区池田869-3F
(東静岡駅より車で5分)
◆ご予約・お問合せ 090-6369-1496
簡単ご予約/問い合わせフォームはこちら(24時間OK!)
◆OPEN 9時~17時
駐車場完備
「もっと自分が好きになる、なりたい自分を創る」ためのメルマガ
無料ラジオ(ながら聴きOK)配信
Youtube配信
フェイスブック
インスタグラム