炭水化物(糖質)は悪じゃない、正しく知って仲良く付き合う方法

『本当に変わりたい』

『的確なアドバイスが欲しい』

静岡市でカラダを外面・内面のホリスティックアプローチする「本物志向の方のための」エステサロンNericeのNAHOKOです。

お問い合わせ

糖質制限ダイエットが流行ったこともあり、炭水化物は悪というイメージが付いて回っていますが、今日は正しく炭水化物を理解して、仲良く付き合っていく方法を提案したいと思います。

炭水化物って何?

炭水化物とは、糖質+食物繊維の総称です。

つまり、糖質だけのものは確かに場合によっては「悪」とも言えますが、食物繊維も一緒にくっついていたら、それは「悪ではない」のです。

食物繊維は腸内環境を整えてくれますし、

胆汁を排出して新しい胆汁作りに貢献してくれますし、

無くてはならない存在。

もちろん糖質もそうです。主要なエネルギー源だから必須。

良くない糖ってどんな糖?

糖質には、5種類あります。

1)単糖類
→ブドウ糖(グルコース)、果糖(フルクトース)
血糖値上げやすい!果糖ブドウ糖液糖、コーンシロップ、高果糖液糖など。

2)二糖類
→ショ糖(グルコース+フルクトース)、麦芽糖(グルコース+グルコース)、乳糖(グルコース+ガラクトース)
血糖値上げやすい!いわゆるお砂糖、グラニュー糖、牛乳

3)多糖類
→でんぷん、グリコーゲン、ヒアルロン酸
血糖値上げにくい+食物繊維がセット!ご飯、麺、じゃがいもなど

4)糖アルコール
→エリスリトール、キシリトールなどもともと自然界にあったものを模して人工的に作った
血糖値あげにくいが個人的には人工甘味料であるということには変わりないので積極的摂取は推奨しません。お砂糖代わりに使う程度ならすごく良いと思います!

5)人工甘味料
→アセスルファムK、スクラロース、アスパルテームなど人工的に作った甘味
血糖値上げにくいと言われていますが、先日記事に書いたように、血糖値は上昇していなくてもインスリンを分泌させていて体のリズムを狂わせる可能性が高い&腸内環境を乱すのでオススメしません。

体が求めているものは?

体が求めているものは、腸内環境を整えてくれる食物繊維と主要なエネルギー源である糖質です。

それをバランス良く配合されているのが、多糖類、いわゆるお米、じゃがいも、麺などです。

でも、これらが敵視されてきた経緯には、お米は「玄米」ではなく「白米」、麺に使う小麦は「全粒粉」ではなくて「精白小麦」など、必要な食物繊維やそれに付随する栄養素が取り除かれたことによる「糖質過多」にあります。

出来る限りホールフード、一物全体、で食べることで血糖値は適正にコントロールされていきます。

とはいえ、お体の状態によっては玄米は消化がつらかったり、全粒穀物についている農薬や重金属の問題などもあります。

それらを上手に取り入れていく工夫が必要なら、その知識を学んでいきましょう。

例えば、白米でもねばねばの納豆と一緒に食べると血糖上昇は抑えられたり、
食べる順番だけでも変わりますし、
白米にもち麦を混ぜたりするのも良いです。

「糖」はたしかに脂肪細胞を大きくします。
血糖値も上昇します。
ですが、それを上手にコントロールしていく体を私たちはすでに持っているので、その力を引き出せるよう整えていくことが大切です^^

また話しましょうね!
Bye for now!

Nerice ネリス

「カラダの見た目、感覚の変化を実感したい」

続けられる的確なアドバイスが受けられる
本物志向の方のためのホリスティックエステサロン

◆住所  静岡市駿河区池田869-3F
(東静岡駅より車で5分)
◆ご予約・お問合せ 090-6369-1496
簡単ご予約/問い合わせフォームはこちら(24時間OK!)
◆OPEN 9時~17時
駐車場完備
「もっと自分が好きになる、なりたい自分を創る」ためのメルマガ
無料ラジオ(ながら聴きOK)配信
Youtube配信
フェイスブック
インスタグラム