油 サラダ油・ショートニング・マーガリン まとめ

『本当に変わりたい』

『的確なアドバイスが欲しい』

静岡市でカラダを外面・内面のホリスティックアプローチする「本物志向の方のための」エステサロンNericeのNAHOKOです。

お問い合わせ

トランス脂肪酸含有油、マーガリン、ショートニング、サラダ油

マーガリン、ショートニング、サラダ油を語る上で避けられないのが「トランス脂肪酸」。

トランス脂肪酸は元々コレステロールを含まない飽和脂肪酸系油として開発されました。

飽和脂肪酸とは動物性に多い脂で酸化しづらく安定している油のことですね。

具体的には、酸化しやすい結合部分を化学的に水素を添加させたことで安定させています。

そう、人口的に強制安定化油とでも言いましょうか。

酸化しづらい油は魅力的なので一気に普及しました。

ですが、安定している反面、ネガティブ面もあるわけです。

トランス脂肪酸のネガティブ面とは

酸化しないように結合がしっかりしているということで、体内に入り、体の細胞を作る主原料となってきた場合、例えば細胞膜であれば細胞膜は固くなります。(流動性が低くなる)

細胞膜の働きを考えてみると、細胞膜は中でエネルギーを作っています。
つまり栄養素の出入りがあってエネルギーを作っているところ、膜が固いがためにやりにエネルギー産生が大変になるということ。

また、脳神経細胞同士のつながる先端というのも脂で伝わっています。
固い油は伝導が悪くなります。

脂を材料とするホルモン系(例えば女性ホルモン)もトランス脂肪酸過多の体ではその働きが落ちることが想定できます。

さらに、水素添加の副産物としてジヒドロ型ビタミンK1が残留する可能性があります。

これはビタミンK2作用を阻害し、脳卒中促進、糖尿病発症、腎障害などが認められています。

トランス脂肪酸の世界基準

 

 

 

 

 

 

WHOは全体の1%以内を使うべきと指標を出しています。

日本ではいまだ無法地帯です。

トランス脂肪酸フリーの落とし穴

また、トランス脂肪酸フリーとして健康意識の高い人のために出てきたトランスファットフリー油もありますが、パーム油が原料です。

パーム油は、トランス脂肪酸はないのですが、パーム油、ヤシの木破壊による環境問題があるというのは考慮したいポイントですね。

持続可能な形、人間だけが良いという世界では良いものは生まれないですよね。

サラダ油について

サラダ油には、トランス脂肪酸が含まれている問題点もありますが、

他に、

・原料が分からない
→ベニバナ油?ひまわり油?コーン油?大豆油?キャノーラ油?

・そのものでは水素添加によって酸化しづらいですが、VEやポリフェノールといった抗酸化物質が取り除かれているので、過酸化脂質や酸化二次生成物のアルデヒドを作りやすいです。
→アルデヒドは猛毒。

体を作る油

ざっくりですが、

 タンパク質は、筋肉、細胞そのもの

  脂は、細胞を包み、脳を作るもの、ホルモンを作るもの

  糖質は、エネルギー源、脂質となってエネルギー貯蔵するもの  

こうして私たちの体は出来上がっているのです。

「どんな油を選択するのか?」は意識したいですね!

 

 

 

 

また話しましょうね!
Bye for now!

Nerice ネリス

「カラダの見た目、感覚の変化を実感したい」

続けられる的確なアドバイスが受けられる
本物志向の方のためのホリスティックエステサロン

◆住所  静岡市駿河区池田869-3F
(東静岡駅より車で5分)
◆ご予約・お問合せ 090-6369-1496
簡単ご予約/問い合わせフォームはこちら(24時間OK!)
◆OPEN 9時~17時
駐車場完備
「もっと自分が好きになる、なりたい自分を創る」ためのメルマガ
無料ラジオ(ながら聴きOK)配信
Youtube配信
フェイスブック
インスタグラム