【子育てから学んだシリーズ】同じ出来事でも十人十色のとらえ方

~Body, Mind, Nutrition 自分と向き合う時間~ へようこそ。

静岡市でボディケア×分子栄養学×カウンセリングで「もっと自分が好きになる、なりたい自分を創る」ホリスティックなエスコートをしているNAHOKOです。

お問い合わせ

感情が揺さぶられる瞬間・・ありますよね。

私もイラっとしたり、涙が出るくらい悔しい~となる時、凹む時、いろいろあります。

でも、感情というのは自分がその感情をあえて選択しているという事実を知ると「すべては自分のコントロール下にあり、現実、目の前の出来事は全て自分が変えていける!」ということに気づけます。

同じ出来事でもとらえ方は色々

昨年の秋。
畑2年目にしてさつま芋が大豊作で、1つ1つ丁寧に新聞紙にくるんで、倉庫で貯蔵していました。
貯蔵したさつま芋は少しずつ倉庫から取り出し、2人の子どものおやつとして重宝していました。

 

 

 

 

 

そんな中、冬を迎えました。
ある日倉庫に行くと半分以上が夜中の氷点下の寒さにやられてしまい、グニャグニャの食べられない状態になっていたのです・・・。

コンテナ3つ分あったのですが、およそ8割が食べられない状態に。

あまりのショックにコンテナの前で3歳の娘に泣き言を言い始めた私。

「あ~・・・ママ、すっごく大切にしまってたのに・・・。ダメになっちゃった・・・。ほら。ね。これもダメだね。あれもダメだね。捨てようね・・・。はぁ・・。」

「あ~・・・やっぱりこっちもダメか。」

「せっかく○○のおやつに干し芋にしたかったのにな。はぁ」

 

 

 

 

 

そしたら、娘が言った言葉は、

「わ~!ママ、こ~んなにたくさんあるね(#^^#)」

だったのです。

私の心の中で、「え?」

「いやいや、見て!ねぇ?見て?コンテナの外に食べられないさつま芋、山ほど積んでるよ?」と思いました。

娘に対して「え?」という顔を向けた私。

すると娘はまた、

「ほら、ママ。こ~んなにたくさん!い~っぱいあるね~!」と。

娘は、ダメになったお芋ではなく、コンテナに残っている2割のお芋を見ていたのです。

そう、同じ出来事でも、どの切り口を見るか。
たったそれだけで同じ出来事もとらえ方が変わります。

私は、ダメになったお芋に目を向け、凹んだ。悲しくなった。
娘は、無事であったお芋に目を向け、たくさん残っていると喜んだ。
同じ場所に同じ時間にいて、同じ出来事を体験しているのに、そのとらえ方は大きく違っていました。

何かが起きた時、それをどの切り口から見るか、そして、どうとらえるかはあなた次第

同じことを体験しても、どう捉えるかはすべて自分次第。

そんなことを痛感させられる出来事でした。

あなたが何かを体験して「イラっ」としたり、「悲しくなったり」したときに、それはあえてあなたがそういう風に出来事をとらえ、数ある感情の引き出しから、「その感情」を選び、そう感じるということを決めているのです。

この体験を通して変わった

 

 

 

 

 

私自身、娘の言葉にハッとさせられ、同じ出来事でもこうも違うのかと驚きました。

それからというもの、何かにイラっとしたり、ムカッとしたり、悲しんだり、凹んだりしたときには、この出来事で学んだ「感情の選択」を意識します。

もちろんその時はイラっとしてしまうのですが、少し経つと「違う感情へ」と変更させています。
それをコツコツしていたら、「違う感情」が定着してきました。

例えば、自営業をしていて思い通りにならないことがあります。
前は「ただ凹んだ」「悲しくなった」「反省というより自分を責めた」。
今は「この出来事で学んだことは将来こういう風に役立つのかな~。」「人間的な深みが増したな~。」と思うようにもなりましたし、
辛い出来事というのは一生続くものではなく、長い人生という目で見たら短い期間の出来事でしかないということも意識できるようになりました。

振り返ってみてください。
過去の辛かった出来事で、その時の感情を今もず~っと同じ重さでひきずっていますか?
ほとんどの場合が、同じ重さではないはずです。

人は学び、進化、変化していく生き物です。

嫌だな、悲しいな、イライラするな・・という感情との向き合い方

あまり心地よくない感情が押し寄せた時、あるいは、今、感じているあなたにしてほしい質問があります。
まずは、一歩下がってその出来事を見る。

そして、あなたの長い長いこれからも続く人生において、

・この出来事は一生続くものですか?この感情は死ぬまで続くものですか?

 

 

 

 

 

と聞いてみてください。

・そして、長い人生において今回の出来事はどんなことに役立つだろう?これを経験したら何を得るだろう、学ぶだろう?

 

 

 

 

 

と聞いてみてください。

答えはどんな答えだったでしょうか?

私が効果的だったこと

とはいえ、とらえ方の癖、感情の癖、思考の癖、など今までの長い人生において作り上げたものもあります。

それを修正し、心地よいものに捉えなおしていくのが「カウンセリング」です。

脳というのは頭が良くて複雑であるようで、実は単純でもあります。というより素直。

 

 

 

 

あなたが望む形に創り変えてあげれば、すべて変わっていきます。

 

 

 

 

 

また話しましょうね!
Bye for now!

Nerice ネリス

「もっと自分が好きになる、なりたい自分を創る」
進化と成長のためのホリスティックサロン
~Body, Mind, Nutrition 自分と向き合う時間~

◆住所  静岡市駿河区池田869-3F
(東静岡駅より車で5分)
◆ご予約・お問合せ 090-6369-1496
簡単ご予約/問い合わせフォームはこちら(24時間OK!)
◆OPEN 9時~17時
駐車場完備
「もっと自分が好きになる、なりたい自分を創る」ためのメルマガ
フェイスブック
インスタグラム