食事次第で下っ腹が引っ込むんです!その方法とは?

『本当に変わりたい』

『的確なアドバイスが欲しい』

静岡市でカラダを外面・内面のホリスティックアプローチする「本物志向の方のための」エステサロンNericeのNAHOKOです。

お問い合わせ

前回の記事では産後の(産後に限らずですが)腹筋をうまく使えるようにすることで下っ腹が引っ込んでいくという話をしました。(そのための筋トレのフォーム見直しや筋トレへのイメージづけや肩首こりのケアが大切という話でしたね♪)

で、今日はそういった外的要素ではなく、内的、つまり食べるもので下っ腹が引っ込むという話をしたいと思います。

私自身の経験からわかったことなのですが、まず産後に限らず、

☆グルテンフリー(小麦断ち)

☆カゼインフリー(乳製品断ち)

☆冷たい食べ物やめる(アイス、ジュース、フラペチーノ、かき氷、ざるそば、冷麺・・・Etc)

をすると下っ腹が引っ込みやすいです。
人によってはグルテンフリー(No小麦)にしただけで引っ込む人もいますし、カゼインフリー(No乳製品)にしただけで引っ込む人もいるくらい。

これは、両者が腸内環境を荒らす作用があるため、これら二つに強い弱いが人それぞれありまして。
弱い人や、弱ってきていて今はうまく扱えない人などは、これらを抜くことでデトックス力が高まり、便通も良くなり、お腹が引き締まっていきます。(痩せる人も♪)

冷たい物に関しては冷えてしまうことで内蔵の動きが悪くなったり、負荷、いらない負担がかかることを減らしたいという意味合いですね。

このように「食べるものを何にするか」という選択肢1つでお腹も引っ込んだりするのです。
特にガスっぽい人や、ウンチが一日一回すっきりプリンっと出ない人で、お腹のぽっこりに悩むなら上記を見直す必要がありますね。

そして、同時にサプリメントもオススメします。
☆乳酸菌サプリ
→いろんな種類があるので自分に合うもの、できる限りたくさんの種類が入っているものがオススメ。酸に弱いので胃酸の影響などを受けにくいロイテリ菌なんかもオススメ♪

☆消化酵素サプリ
→そもそも消化がうまく出来ていない人が多いです。
消化を助ける酵素をいれてあげることでサポートになり、腸の負担が減り、便通改善が見られることも。

これら二つをオススメします^^
2つとも本当にいろんな種類のものがいっぱいあるので選ぶのに迷う、お任せしたい、などありましたら教えてくださいね。お取り寄せしますので。

で、消化に関して言うならば、サプリ以外にやれることが2つあります。
1)とにかく噛む
→これは案外出来てない人が多い。私もこれは分かっているようで抜けがちです。
さらに産後、育児に追われとにかく早く食べなくてはならなくてここ3年くらい早食い癖がついてしまって・・・本当意識するようにしています。

2)胃酸が足りていない
→日本人に多い、胃酸過少ですね。これはお食事に「酢」「レモン」などの酸っぱいものを足してあげることでサポートになります。例えばレモン水を一緒に飲むとか、サラダには酢(レモンでもワインビネガーでもバルサミコでも)+にんにく+塩+オリーブ油 とかで食べるのもオススメ。

食べたもので体が出来ていると言いますが、まさにその通り。
食べたものによって腸の環境もできているので、下っ腹はただただ腹筋という体の外側(内側でもありますが内蔵よりは外という意味で)の問題だけではなく、腸内という内的な要素も関係しているということにも目を向けていってくださいね。

そして、あまりにも腸内環境が悪化してしまっている人には一度リセットのファスティング断食が一番オススメです。そこからケアしていくのが最短です♪

あと、今日は触れませんでしたが、精神的な状態も腸内環境に大きく影響します。悩みすぎたり考えすぎたり心配しすぎたり、そういうのも良くないです。
便秘だ・・・涙、と心配しすぎるのも結果的に悪影響な時もありますから、もう少し気楽に構えてお体とお付き合いしていくことも大切ですよ♪←Nericeのお客様は皆さんお体への意識が高く真剣に悩んでいる方が多いので^^

また話しましょうね!
Bye for now!

Nerice ネリス

「カラダの見た目、感覚の変化を実感したい」

続けられる的確なアドバイスが受けられる
本物志向の方のためのホリスティックエステサロン

◆住所  静岡市駿河区池田869-3F
(東静岡駅より車で5分)
◆ご予約・お問合せ 090-6369-1496
簡単ご予約/問い合わせフォームはこちら(24時間OK!)
◆OPEN 9時~17時
駐車場完備
「もっと自分が好きになる、なりたい自分を創る」ためのメルマガ
無料ラジオ(ながら聴きOK)配信
Youtube配信
フェイスブック
インスタグラム