誕生日ディナーから考えるキッチンに立つ時間ということ

3日前くらいから準備して焼いたチーズケーキ。
(思いっきり乳と小麦入り~(笑))

というのも、旦那くんの誕生日だったから。
そしてチーズケーキなら食べたいとのリクエストで。

でも、チーズケーキも下のクラスト(タルトの部分)も今まで満足できる味に仕上がらなかったんですよね。でも!今回は「これは美味しい!」と言ってもらえて保存版レシピが完成しました~。

~Body, Mind, Nutrition 自分と向き合う時間~ へようこそ。

静岡市でボディケア×分子栄養学×カウンセリングで「もっと自分が好きになる、なりたい自分を創る」ホリスティックなエスコートをしているNAHOKOです。

お問い合わせ

だって、クラストのビスケットクラッカーから全部作ったんですもの(笑)

もう、半ば意地で(笑)

全粒粉をふんだんに使って香ばしさを出したボトム生地。
我ながら自画自賛でしたね。

実はちょっと前まで「料理面倒だなー」って日が続いてました。
何で女性って毎日毎日家事しなきゃならないの?って。
同じ仕事していても男性よりも明らかに負担が多いし、それが当たり前という日本の風潮。

だから料理もちょっとイライラしながら作ったりしてた。

でも、インスタグラムで「何よりキッチンに立っている時が好き」という言葉をちらっと読んだ時に、「そういえば私も小さい時からキッチン好きだったなー」ってふとそんな昔抱いた感情を思い出したんです。

その頃は、あれが作れるようになった!あれに挑戦してみたい!って好奇心旺盛だったな。
大学生以降~会社員時代は、料理をしている時間は無心になれて仕事のことを忘れられる時間で大好きだったな。

そんなことを思い出したら、同じキッチンに立つのにこの感情で時間を潰す(過ごす)のは勿体ない。

そんな風になんか強く思えて。
人には何かを思いなおすタイミングとか、その時響く言葉とか、「その時」というのが大切だと思います。

私には「あの時」が「タイミング」だったみたい。
で、その日以降は、何となく楽しくキッチンライフを送ってます(笑)

仕事で忙しかったりするとやっぱり帰宅後に調理はイライラしちゃうし焦って作って美味しくないので、3日分の献立を携帯のメモに時間がある時に組み立てて置いて、前日の夜と当日の朝に7~8割完成させておく・・というのが毎日の流れ。

そうすると帰って来てから美味しいご飯が丁寧に作れるので自分自身も食べていて満足できるんですよね。

自分も満たせるご飯を作る時間。
そう思うと楽しくなってきたんです。

やっぱり同じ時間を過ごすなら・・・ですよね。
って旦那くんの誕生日ケーキの話から違う方向に進んでる(笑)

ちなみにリクエストの料理で、から揚げと、エビ饅頭飲茶を作りましたよん♪
エビ饅頭飲茶の皮にはタピオカ粉を入れてもっちもち。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

我が家のから揚げは決まって鳥胸肉。
今回は塩から揚げね。
米粉と片栗粉を半々にしてまぶして15分放置してから揚げてます。
米粉は吸油率がとても低いのでこれまたヘルシー。

こうしたちょっとした知識を知ることや、食べ方を知るだけでもかなり体は変わってきます。
Nericeのリンパマッサージコースや、ファスティングでは必ずお伝えしています。

 

 

 

 

 

 

また話しましょうね!
Bye for now!

Nerice ネリス

「もっと自分が好きになる、なりたい自分を創る」
進化と成長のためのホリスティックサロン
~Body, Mind, Nutrition 自分と向き合う時間~

◆住所  静岡市駿河区池田869-3F
(東静岡駅より車で5分)
◆ご予約・お問合せ 090-6369-1496
簡単ご予約/問い合わせフォームはこちら(24時間OK!)
◆OPEN 9時~17時
駐車場完備
「もっと自分が好きになる、なりたい自分を創る」ためのメルマガ
フェイスブック
インスタグラム