肩こり、姿勢に影響大!な腕の可動域チェック方法

先日お越しくださったお客様の施術をしていて、こういう方多いな~と感じたことがあります。

それは肩の可動域、大丈夫?

です。

腕の可動域が狭いと、腕が上手く使えない状態ですので、何をするにも負担が増えます。

~Body, Mind, Nutrition 自分と向き合う時間~ へようこそ。

静岡市でボディケア×分子栄養学×カウンセリングで「もっと自分が好きになる、なりたい自分を創る」ホリスティックなエスコートをしているNAHOKOです。

お問い合わせ

例えば、何か物を取ろうとしても腕が上手く伸ばせないから、肩があがって負担が来てします。(肩が上にあがってしまうイメージ)

肩があがると肘がまがってしまう。

でね、これが毎日毎日で続いていくと、肩こりはもちろん姿勢も悪くなってきます。

そこで「私は大丈夫?」と思うと思うので、これやってチェックしてみてください。

腕を上に横から上げていく時、こんな風に肩は下がったままあげられます?

それとも肩があがってしまいます?

下がったままスムーズに上げられるなら大丈夫。(しつこいけどコレ↓)

もし肩も一緒にあがってしまって、腕を上げたいのに肩もあげちゃっているよという場合は要注意。↓

固定しちゃう前にリンパマッサージで改善することをオススメしますよ。

ちなみに、腕の可動域が狭いということは腕を動かす範囲も狭いので、ダイエットの観点からも消費エネルギーが減り太りますね(笑)

また話しましょうね!
Bye for now!

Nerice ネリス

「もっと自分が好きになる、なりたい自分を創る」
進化と成長のためのホリスティックサロン
~Body, Mind, Nutrition 自分と向き合う時間~

◆住所  静岡市駿河区池田869-3F
(東静岡駅より車で5分)
◆ご予約・お問合せ 090-6369-1496
簡単ご予約/問い合わせフォームはこちら(24時間OK!)
◆OPEN 9時~17時
駐車場完備
「もっと自分が好きになる、なりたい自分を創る」ためのメルマガ
無料ラジオ(ながら聴きOK)配信
Youtube配信
フェイスブック
インスタグラム