カフェイン含有量と、一日の摂取可能量(一覧表あり)

何となく妊娠中や妊活中はカフェインを飲まない方が良いとか、

カフェインは体に負担をかけるとか、

なんとな~くで理解している方も多いと思うので、今日はカフェインの摂取量などについて具体的な量なども一緒に書いていきます。

ご自身の生活を振り返ってみてくださいね。

ちなみにカフェインのデメリットは昨日の記事に詳細があります。(臓器疲労、鉄分吸収阻害ですね)

『本当に変わりたい』

『的確なアドバイスが欲しい』

静岡市でカラダを外面・内面のホリスティックアプローチする「本物志向の方のための」エステサロンNericeのNAHOKOです。

お問い合わせ

では早速、カフェインの摂取可能量ですが、国によって決まりが違います。

オーストラリア・ニュージーランド食品基準機関
成人だと1日210mgまで

ニュージーランド食品安全庁
健全な成人だと1日400mgまで

世界保健機関(WHO)
妊婦は1日コーヒーを3~4杯まで

英国食品基準庁
妊婦は1日コーヒーを2杯程度(200 mg)まで

(食品安全委員会を参考)

(http://humin.powerful-office.com/?page_id=543 より拝借)

ですが、この「カフェイン mg」と言われてもしっくりこないと思います。

具体的な量と含有量は、こんな感じです。

NO種類量(ml)カフェイン
含有量(mg)
備考
1玉露150180
2コーヒー(ドリップ)150100
3コーヒー(インスタント)15065
4ココア15050
5栄養ドリンク(カフェイン入り)10050
6抹茶15048
7ダイエットコーラ35045
8コーラ35034
9紅茶15030
10緑茶15030
11ほうじ茶15030
12ウーロン茶15030
13番茶15030
14玄米茶15015
15麦茶1500
16黒豆茶1500
17杜仲茶1500
18ハーブティー1500
19ルイボスティー1500

どうですか?ご自身の生活を振り返ってみて、どれくらいカフェイン摂取していますか?^^

と、一般的な考えとして上記を書いてみましたが、私自身の考えとしては、極力摂らない方が良いかなと考えています。

体への負担を考えると、本当に「嗜好品」だと思うからです。

ですが、全てをNO!としてしまうことは私はつまらないので(笑)、ほどほどに楽しんでいます。

コーヒーのカフェインで鉄吸収阻害になるから、鉄分が入っているたんぽぽコーヒーを必ず1日1杯は飲んだり、鉄吸収を促進させるビタミンCもサプリで摂取したり、フルーツも意識して食べたり♪

サロンでは、お客様のお悩みに応じて食べ方をアドバイスすることもあります。結局のところ、個々人の体の強さなども影響してくるので一概に一言で決められませんよね。

また話しましょうね!
Bye for now!

Nerice ネリス

「カラダの見た目、感覚の変化を実感したい」

続けられる的確なアドバイスが受けられる
本物志向の方のためのホリスティックエステサロン

◆住所  静岡市駿河区池田869-3F
(東静岡駅より車で5分)
◆ご予約・お問合せ 090-6369-1496
簡単ご予約/問い合わせフォームはこちら(24時間OK!)
◆OPEN 9時~17時
駐車場完備
「もっと自分が好きになる、なりたい自分を創る」ためのメルマガ
無料ラジオ(ながら聴きOK)配信
Youtube配信
フェイスブック
インスタグラム