復習)みりん、甘酒、糖質について

過度な糖質制限は、体の機能を落としてしまい、代謝低下になります。

リバウンドや太りやすい体質、疲れやすい体質、になってきてしまいますよね。

代謝が低下すると。

また、冷え性などにもなります。

要するに代謝にまつわること全てに関わってくるというわけです。

ですが、体重をコントロールしたり、肌を整えたり、体質改善していくなら糖質との付き合い方はよく考えたいというのは間違いない事実で。

今日は改めて「糖質」の種類をみていきたいなと思います。

『本当に変わりたい』

『的確なアドバイスが欲しい』

静岡市でカラダを外面・内面のホリスティックアプローチする「本物志向の方のための」エステサロンNericeのNAHOKOです。

お問い合わせ

甘い物、甘みを付けるものとして、あげられるのが、甘酒、砂糖、みりん、かなと思います。

で、「砂糖」は敬遠されている方でも、「甘酒」は発酵調味料だから良し!とか、「みりん」は砂糖使ってないじゃん?だからOK!としている方が多いですが、改めてちゃんと見ていき、知って頂きたいなと思います。

まず、甘酒の血糖値上昇レベルはお砂糖と似たり寄ったりであるということ^^

そう、血糖値という点から考えると同じなわけです。

つまり、太るし、糖質を考えていくとあえて摂りたいかというと疑問が残るということですね。

ですが、お砂糖よりは「発酵食品」の恩恵もあるという点を考えると、どっちかしかチョイスがないなら甘酒でも良いね♪という判断を私はしています。

次に、ミリン。

みりんと言っても「酒、米麹、米」のみの本当のみりんを指していますが、これは血糖値の上昇レベルが非常に低いです!

ですので、煮物などもみりんを使って調理することをオススメします。

過度な糖質制限は絶対にオススメしませんが、糖質過多も絶対にオススメできません。

糖質との良いお付き合いが出来るようになるよう、

みりん>甘酒>砂糖

こんな順番で考えてお料理して頂くと良いかなと思います。

 

なお、サロンでは、砂糖の代わりに「ココナッツシュガー」をオススメしています。

ラカンカなどでもGOODですが、ココナッツシュガーは血糖値上昇レベルが低いのに、甘みは強く、お砂糖と同じように使用できます。

これも良い糖質との付き合い方の1つかなと思います^^

また話しましょうね!
Bye for now!

Nerice ネリス

「カラダの見た目、感覚の変化を実感したい」

続けられる的確なアドバイスが受けられる
本物志向の方のためのホリスティックエステサロン

◆住所  静岡市駿河区池田869-3F
(東静岡駅より車で5分)
◆ご予約・お問合せ 090-6369-1496
簡単ご予約/問い合わせフォームはこちら(24時間OK!)
◆OPEN 9時~17時
駐車場完備
「もっと自分が好きになる、なりたい自分を創る」ためのメルマガ
無料ラジオ(ながら聴きOK)配信
Youtube配信
フェイスブック
インスタグラム