◎就職◎

なんとなく、人の力を最大限に引き出しキレイになれるサポートがしたい そんな自分の想いに気づきながらも、まずは普通の仕事に就きたいと思い、英語が活かせそうな仕事に就職しました。

でも、自分の想いというのは正直で、仕事をしながら違和感を強く感じるようになり、気持ちのバランスが崩れていきました。

そこで、自分の好きな「アロマテラピー」をもっと勉強したいと改めて感じ、大学時代に勉強していたものをひっぱり出してきては、仕事の傍ら自然療法やアロマテラピーの勉強を始めたのです。

どんどんはまった私は、自分で作った化粧水や乳液などを友達にプレゼントしていました。

そうするうちに、「アロマテラピー教えてよ」と言われるようになりました。

そして、小さな教室を作ろうと動いていたら、通っていたヨガスタジオのオーナーに、「うちで教えたら?」と声をかけていただき、私は晴れて「アロマインストラクター」としてデビューしました。

自分のコンプレックス(悩み)の解消から全てがスタートした私のアロマテラピーレッスンは、どこの流派にも属することがないオリジナルなものでした。

フランス式も、イギリス式も、インド式も・・・全て面白い。

全ての要素を入れ込んで、好きなものは「あなたが選べばよい」そんな気持ちでレッスンをしていました。

でも、レッスンをするうちに、

もっと人に触れたい。

もっと体の声を聞きたい。

触れられた瞬間のホッとする顔。

これをもっと・・・極めたい!

そんな想いが溢れてきて、「ボディセラピストになりたい。」

と熱い想いがこみ上げてきた私は、リンパマッサージサロンへ就職することにしました。

今でも自分の好きな配合で作る化粧水やクリーム、石けんは手放せません♪

次のページ 自己紹介5 サロンへの就職