◎ストレスによる身体のコンプレックス◎

「海外を飛び回る仕事。たくさんの人に出会える仕事。言語を活かせる仕事。」という夢を持って大学の国際関係学部に入学しました。

その頃、両親はシンガポールに住んでいたので、毎年1~2か月はシンガポールで過ごし、近隣諸国に行ったり、語学勉強をしたりしていました。

日本での生活はというと、海外に遊びに行きたいという思いで、お金を貯めるためにバイトに明け暮れる毎日でした。

そんな不規則的な生活がたたってか、ストレスが溜まり、手先に数十個のイボができ、潰瘍が指先にたくさんできてしまいました。

次第に手を人前に出すのが恥ずかしくなりました。

「その手どうしたの?」

と言われるのがつらくてしょうがなくなった私は、いつも指を曲げて見られないようにしていました。

病院では「抗生物質」「イボを焼く」そんな治療の繰り返し。

でも、全く良くならない。

嫌気がさして、もう「いやだ」と思い始めたころ看護師でもある母親にシンガポールに来なさいと言われました。

イギリスの西洋文化と、中国の東洋文化が混ざっている国、シンガポールには、日本にはないものがたくさんありました。

そこで出会ったのが、「ホメオパシー」と「アロマテラピー」でした。

ホメオパシーは医学的に証明されていないものですので賛否両論ですが、悩みに押しつぶされそうだった当時の私は「とにかく治るなら」という思いで受けてみたのです。

そこで診断してもらい指示にしたがったところ、半年後には、すっかり完治してしまったのです。

そこで、「自然療法」、「自己免疫力」の大切さと、無限にある自分自身の体の可能性を知りました。

その後の私は身体がとても敏感になり、今まで使っていた化粧品にも肌荒れを起こしてしまい、母親から「アロマテラピー」を教えてもらい、ナチュラルなものに徐々に切り替え肌荒れもすぐに治りました。

そうして、私の生活はナチュラル志向になり、肌がみるみる元気になったのです。

その頃から、自分の力を最大限に引き出してくれるものって何かな?私にとっては自然療法かもしれない。

私も、周りの人にそんなサポートが出来る人間になれたらな~と漠然と思うようになりました。

自分の想いにうっすらと気付きながら、就職活動が始まりました。

シンガポールのチャイナタウンには中国のモノが沢山溢れています。

リトルインディアというインド人が多く住む区域では、インドのモノが手軽に手に入り、1つの国に沢山のミニチュア国があるような国、シンガポールはグローバルであり、ローカルでもありました。

次のページ 自己紹介4 就職と狭間へ