◎価値観の多様化 (アメリカでの生活)◎

勢いよく行ったは良いものの、知っている言葉は、「YES」 「NO」 「My name is NAHOKO HIROTA」のみ。

初めの1か月は、スーパーへ行くだけで、外を散歩するだけで、ご飯一つ食べるだけで 「楽しい」 の連続でした。

そんな楽しい1か月が過ぎてから、父親は私の希望通り「日本人が一人もいない現地校」に入学させてくれました。

(※私が行ったオハイオ州メリスビル)

でも、ヤッターという思いは1週間で壁にぶつかります。

直面した壁とは、全くコミュニケーションが取れない・・・でした。

「英語を勉強しなくてはいけない」

「これじゃ、友達できない」

自分で希望したはずでしたが、あまりのギャップに衝撃が走りました。

そこから、人の表情、人の気持ち、人の考え を言葉なしで読み取ろうとする力が付きました。

言葉が分からないからこそ、その人の表情一つ、それだけですべてを感じようとしていたのです。

その力は、セラピストとなった今、とても大切に感じています。

メリスビルは田舎で隣町には昔ながらの生活スタイルを続けるアーミッシュの村もありました。

街中はアメリカの良き田舎 という感じです。

◎帰国◎

2年半のアメリカ生活を終え、日本へ帰国した後は、クラスの3分の1が帰国子女という特殊な高校へ入学しました。

アメリカ

オランダ

コロンビア

タイ

など、様々な国で過ごした子たちが集まるクラスは個性豊かで、私もすんなりと馴染むことができました。

そして高校3年生の時、私の夢は「海外を飛び回る仕事。たくさんの人に出会える仕事。言語を活かせる仕事。」でした。

そして、大学へと進学しました。

次のページ 自己紹介3 ストレスによる体コンプレックスへ