先日いらしたお客様に相談されたこと、「1年に1キロずつ増えていて、今年は2キロ増えて、もう、、、やばい!と思って!」という内容でした。

続けて、「食べる量は変わってません。でも太るんです。8時間ダイエットもしたのですが痩せませんでした。」というものでした。

 

こんにちは。

静岡市清水区の解毒リンパマッサージで代謝アップ!体質改善からダイエットまで、体を根本的に変化させるサロンNericeのNAHOKOです。

メニュー/お問い合わせ

まず、8時間ダイエットとは、簡単に言うと朝ごはんを食べないというものですね。食事間隔をあけるダイエット法です。

このダイエット法を行う=自動的に朝ごはんがなくなるので1日2食になるわけですね。

それでも痩せないとはどういうことでしょうか?

 

1)お昼ご飯の時に何を食べているか、何から食べているのか

2)お腹が空いてオヤツは食べていなくてもお昼の量が増えてませんか

3)カロリーが無いようなもんだから~と言ってコーヒーがぶ飲みしてませんか?(カフェイン)

 

だいたいこれらが気になります。

 

食べていないからOKではなく、食べ方はとても重要です。

まず、1)についてですが、長時間食事をしていなかった後にガツンとお米や揚げ物などを食べていたら血糖値の乱高下が起きます。

血糖値が思いっきり上昇すればインスリンが出て、それを下げようとしますね。

つまり体脂肪になります。

脂肪がつきやすい食事環境を自ら作っているようなものです。

 

2)については、1食抜いている安心感から知らず知らずのうちに食べ過ぎているパターンです。

「食べる量は変わらない」と言いながらも実際全て食べたモノを書き出してみると食べ過ぎていることは結構な確立であります。

書き出してみてくださいね。

大きさは小さくても高カロリー糖質の塊り、食べてませんか?

 

3)カフェインについては、たしかにブラックを飲めばカロリー自体は低いです。

ですが、カフェインによってアドレナリンが出て、体は疲弊します。

疲弊した結果、ホルモン分泌などが乱れ、結果的に・・・太りやすい体質になります。

 

カフェインのようにカロリーだけを気にしてごまかしてのダイエット、2)のように意外と食べてしまっている場合、1)のように食べる内容が脂肪を蓄える内容、、、そういったことにならないようにお気を付け下さい。

 

年齢とともに代謝は少しずつ下がるのは確かです。

ですが、本当に食べていないのに太るという方は、今は本当にそうであったとしても、そういう体作りをしてきた可能性が高いですね。

こちらの方はステロイドを強めに服用するご病気をされたことがあったそうです。

ここ半年の間に。

そう、ステロイドによって甘い物に走ってしまったり、コーヒーに走ってしまっていました。

決して彼女が悪いというわけではないんですね。

ご病気をまずは直すのが一番の最優先ではありますが、完治した後の代謝機能の整えにも目を向けていかないと、「今までとおなじなのに!なんで?」になったり、「知らず知らずのうちに食の好みが変わっていた・・・」になりますね。

 

Aさん、これから二人三脚でやっていきましょうね!

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

少しでもリバウンドせずに痩せてキレイになる情報が届けられていたら嬉しく思います。

どんな人でも痩せて、キレイになってしまう!!

デトックスする毒素排出リンパマッサージ と ファスティング断食専門エステサロンNericeのNAHOKOでした。