血糖値を急激にあげることで脂肪になってしまうということを昨日書いたのですが、そういった脂肪という観点に加えて、他にも血糖値をぐいぐいとあげてしまうことに問題点があります。

性格をも左右してしまう問題なんです!

(ネットより拝借しました)

 

こんにちは。

10日で平均 3キロ減!!

肌がつやつやプルプルになって痩せなかったコンプレックス箇所が驚くほど落ちる!

ボディラインが変わるリンパマッサージ と 体質から変えるファスティング断食専門エステサロンNericeのNAHOKOです。

(amebaブログにても更新しています。そちらもご覧くださいませ^^)

 

血糖値を急激にあげてしまうと、その後、血糖値は急激に下がります。

このアップダウンが激しい状態のことを乱高下と言います。

この、血糖値の乱高下は、急激に血糖値が下がってしまうので、急な空腹状態でイライラしたり、なんだか常に眠い、疲れやすいなどの症状を作ってしまいます。

また、急激に下がることで食欲が過剰になってしまいコントロール不能で食べ過ぎ。

結果太ってしまったということも引き起こします。

よく、炭水化物(糖質)過多やスイーツを食事代わりに摂る方が、お腹が空いてふらふらしやすいんですとか、すぐにお腹が空いてしまうとか、次々食べたくなってしまうとか、甘い物を食べないとイライラするとか・・そういったことを言われることが多いです。

この原因は血糖値の乱高下にも関わっているんです。

 

食べ方1つでイライラしていたり、疲れやすかったりしてしまう。

すごい影響力です。

そういったことから、食べる順番は血糖値がゆっくりとあがるように食べることや、血糖値がそもそも高くなりづらい低GI値のものを選ぶことが大切になるということですね。

例えばオニギリ1つとっても玄米オニギリにするとGI値は低くなります。

それも予防策の1つです^^

 

でも、違う問題も浮上してきました。

それは、GI値を考えたアメリカでは、小麦を全粒小麦にすれば健康になる!という施策行われたんですね。

全粒小麦=健康!みたいなすり込みが私達にもありますよね。

でも、今、小麦にはグルテンの問題が判明しています。

GI値だけでなくて、グルテンフリーも重要視したいんですね。

 

グルテンについては後日書いていきます。

 

話しは少し逸脱しましたが、日本人なら、農薬・化学肥料不使用の玄米や分付米を選ぶなどすると安心ですね♪

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

少しでもキレイになる情報が届けられていたら嬉しく思います。

どんな人でも痩せて、キレイになってしまう!!

体質から変えるリンパマッサージ と ファスティング断食専門エステサロンNericeのNAHOKOでした。